TOP > ニュース一覧 > 大好評の<日曜過去問特訓>体験談を掲載します

ニュース こうゆうかんに関わるニュース

大好評の<日曜過去問特訓>体験談を掲載します

2013/09/19

■夏休みを完全燃焼し、日特へ■

5年の終わりにTHE義塾蓮田校に入塾したT君。中学受験合格を目指しての受験生活がスタートしました。THE義塾蓮田校をえらんだ理由についてお父様のMさんは「生徒の面倒見が良いこと、そして合格実績が高いこと」だと話してくれました。
少しずつ受験モードに入っていくT君。夏休みに入ると前期の夏期講習、夏合宿、後期の夏期講習とみっちり勉強の日々が続きました。
「去年までの楽しかった夏休みとは全然ちがう生活で朝から夜まで勉強漬けの生活でした。それでも続けられたのは塾の明るい雰囲気があったからだと思います。」とT君は振り返ります。9月からは日曜特別講座にも参加します。

■過去問中心の授業で実践力を磨く■

日曜特別講座は9月の2週目からスタートしました。毎週日曜日、朝からTHE義塾の大宮校に集まり、夜まで1日勉強します。内容は過去問が中心。最初に一斉に過去問を解き、次にその解説、そして最後に再テストを行います。授業は少人数で行われるため、教師の目が行き届き、理解できていないところがあればその場で質問もできました。
「他の校舎からも受講生が集まるので緊張感がありました。過去問という受験に直結した内容はもちろん、空気的にも受験を肌で感じ、頑張ろうという気持ちになっていったのを覚えています」と振り返ります。

■リズム正しい生活で真剣度がアップ■

T君は日特が終わって家に帰ってからは、その日のうちに復習に取り組みました。そうすることで1回1回の学習内容を完全に自分のものにしようと考えたのです。月曜日から金曜日までは朝を有効活用しました。朝早く起きて塾や学校の宿題に充てたのです。そして土曜日は翌日の日特に備えて過去問の勉強をしました。
「日特に通うようになってからKの目つきも真剣になってきました。無理をしていないか心配になりましたが、頑張ってくれていたようです」とお父さんのMさん。

■多彩な塾の特別授業が合格に直結■

T君はこの日特の送り迎えをしてくれるお父さんやお弁当の用意をしてくれるお母さんに対して感謝の気持ちが高まっていきます。勉強以外でも大事なことを学べた日特は12月で終了。勉強に対して完全に加速度をつけた状態で次は正月特訓に臨みます。
「夏期講習、夏合宿、日曜特別講座、正月特訓と素晴らしいタイミングで塾の特別授業が続いていました。おかげで中だるみすることはまったくなく受験を迎えることができました」とT君。結果は栄東、巣鴨と合格。それは自分の弱さに負けることなく塾の特別授業を受け続け、学習内容を自分のものにしてきたからこそ手にできた勝利だったといえるでしょう。
T君は両親への感謝を忘れず夢に向かって中学生活を歩み始めています。
(受験情報誌「FUTURE」掲載記事から抜粋)


無料体験授業はこちら 資料請求・お問い合わせはこちら

このページのTOPへ