TOP > 校舎・教師紹介 > 桶川西口校TOP >

校舎・教師紹介 最寄の校舎の情報をご確認いただけます。

桶川西口校

校長のご挨拶、授業風景

こうゆうかん桶川西口校校長、須賀一です。
こうゆうかんの教育にかける想いをお話させていただきたいと思います。
少々長くなりますが、ぜひお付き合いください。

特に今の世の中で、力を発揮し評価される人とはどのような人でしょう。単に学力の高い人でしょうか。そうではないと思います。高学歴ということだけで通用する世の中ではすでになくなっています。多くの人の支えを得、人生において成功する人とは、豊かな人間性を持ち、どのような困難が目の前に立ち塞がっても、前向きに明るくそれを乗り越えようとし続ける人ではないでしょうか。自分の幸せのことばかり考えるのではなく、逆に他人を幸せにすることに喜びを感じることができる人だけが本当の成功を得られていると思います。私自身はそういうことを知ったのは大人になってからです。自分の少年時代を振り返ると、ずいぶん生意気でひねくれた子どもだったなあと恥ずかしくなります。人生のことを話してくれる大人がまわりにいなかった、信頼できる大人がいなかったというのも理由のひとつかもしれません。


受験という人生最初の試練に対し、この試練を克服することを通じ、子どもたちがより大きな試練に立ち向かう力と勇気を培うことをこうゆうかんは目標としています。こうゆうかんの一貫した教育理念の中に明文化されているものです。こうゆうかんは勉強を教えるだけの塾ではありません。立派な社会人になるために、日々伝えられることはすべて伝えています。

また、こうゆうかんでは中3の合宿期間中をはじめとして、「支えてくれる人のために頑張る」ということも強く伝えます。親や友人、周りの人に感謝の心を持つということです。大変なことが目の前にあっても、自分だけが我慢すればよいと思えばそこから簡単に逃げ出してしまうことができます。でも、自分を支えてくれる人の存在と想いを感じていれば、自分の力以上に頑張ることができるものです。また、そうでなければいけないと思います。自分のためだけでなく、人のために頑張ることができる人になってほしいと思っています。

こうゆうかんは厳しいという評判を耳にすることがあります。私はそれは我々にとってのほめ言葉だと考えています。真剣に子どもたちの人生における成長を考えれば、そうあるべきだからです。
子どもたちの可能性を潰してしまう一番の要因は何でしょうか。それは甘やかすことです。甘やかされ続け、困った時にはすぐに親や周囲に頼ってしまう子どもが、果たして社会に出て自分の力でたくましく生きていけるでしょうか。困難なことがあってもそれを自分の力で乗り越えることができる力というのは本当にかけがえのない財産だと私たちは考えています。子どもたちはどの子も本当に大きな力を秘めています。これまでの指導経験の中で、その子どもたちの秘めた力に驚かされ、感動したことが本当に数え切れないほどあります。小・中学生の期間というのは子どもたちがその可能性を自ら大きく伸ばす、人生における非常に大切な期間であると私たちは考えています。だから、大きな責任感と強い使命感を持って、こうゆうかんでは子どもたちと正面から向き合い、その可能性を信じ、優しさと厳しさをもって子どもたちと接しています。

一人でも多くの子供たちに幸せになってほしい、それがこうゆうかんの願いです。少なくとも、このこうゆうかんがある地域の子供たちは全員がそうなってほしい。こうゆうかんに来て、正しい学習習慣を身につけて、幸せな人生を歩んでいってほしい。私は切にそう思います。

ぜひ一度、こうゆうかんに来て見て下さい。
お待ちしています。


無料体験授業はこちら 資料請求・お問合せはこちら

このページのTOPへ